月極駐車場を借りる

アパートやマンションに住んでおられる方で、備付の駐車場がないことがあります。また、転勤などで引越して駐車場がない場合、どうしても車を停める場所が必要となります。

都心に行けば駐車料金も高くなりますし、月極駐車場を借りても自動車保管場所証明書が取れないことがあるのです。車庫証明は、居住している場所から直線距離で2km以内でなくてはならないという規定があり、何処でもいいという訳にはいきません。月極駐車場によっては、自動車保管場所証明書の承認欄に署名捺印してもらうのにも費用が必要となる場合があります。月極駐車場を借りる際には、駐車場管理者(個人もしくは不動産会社)と会い、前払い賃料の支払いや保証金や手数料の支払いをし、運転免許証の写し、認印を押して契約となります。月極駐車場によっては、車検証の写しが必要な場合がありますので、コピーを渡してください。前払い賃料や保証金は1ヶ月分が相場で、不動産会社が運営している場合は、手数料として1ヶ月分プラス消費税が必要です。

東京23区内で月極駐車場を借りると、相場が最も高い中央区では5万円以上、最も安い練馬区ではおよそ2万円ほどになります。車の維持費だけでなく駐車場代もかかるため自家用車を持たない生活をされている方も多くいますが、家から最寄り駅までの通勤手段のない地域にお住まいの場合は、駐車スペースが必要になるのです。こんな時のために月極駐車場の事を熟知しておいて賃料の安い月極駐車場を探してください。

月極駐車場の整備費用

月極駐車場を整備するのは費用が必要になりますが、未舗装でロープをU字金具(ペグ)固定をして行う方法や舗装をして行う方法があります。

未舗装にロープで明示する方法は安価な材料費で済みますが、アスファルト舗装やコンクリート舗装にするには、業者に依頼して施工をして貰う必要があるのです。また、駐車場側面の住宅用擁壁やフェンスに傷を付けないために、車止めのブロックを設置しなければならないこともあります。そして、ロープでできませんので、スペース毎の区画線を引かなくてはなりません。総工費は地域や施工面積によって異なりますから、施工する項目についてのみ記載します。不陸(整地)整正は、舗装面の状態を均一にするための予備的作業ですが、現況の状態によっては鋤取り作業が必要です。次に路盤材といって、地盤と舗装面の安定を図るために行うもので、厚さ10cmから15cm程度の砕石を敷き均します。そして、アスファルトかコンクリートで舗装するのですが、アスファルトは5cm程度、コンクリートは10cm程度の厚さが必要で、大型車両も対象にされるのなら、プラス5cmの厚さが必要です。

300㎡の場合は、高単価地域でも170万円程度でできますが、区画線や車止めを設置される場合は、その費用を加算する必要があります。

月極駐車場の料金設定

月極駐車場の料金は、日本全国地域によって異なりますし、同一地域内でも商業施設や駅に近いといった場所と一般的な地域とでは、かなりの差があります。月掛駐車場も一般の土地同様に国土交通省の路線価評価に基づいて考えれば妥当な料金設定が可能です。

月極駐車場の料金を決めるには、近隣の駐車場価格を参考にすることが必要となります。もし、近隣に駐車場がなければ、できるだけ近い場所の料金を調べておいてください。そして、双方の路線価を調べれば、おおよその料金が設定できます。後は、駐車場にする土地の形状と駐車スペースに停める際の難易度も考慮しなければなりません。そのため、駐車場内で止めにくいことが想定されるスペースについては料金を少し下げる必要があります。その次に、駐車場を舗装にするか未舗装のままにするかによっても料金は変えなければならないのです。月極駐車場の料金設定には影響しませんが、駐車場にする土地の地目は、田や畑は利用できません。雑種地以上の地目が必要となります。また、自宅宅地の一部を利用して月掛駐車場を経営される場合は、宅地という地目をこれ以下の地目に変更はできませんので、税制上の優遇措置(6分の1)のみになります。

月極駐車場として利用する土地は、広い場所もあれば狭い場所もありますから、如何に駐車スペースを有効に確保するかは、駐車場に面する道路状況によって異なりますので、管理している市区町村に問い合わせてください。