月極駐車場を整備するのは費用が必要になりますが、未舗装でロープをU字金具(ペグ)固定をして行う方法や舗装をして行う方法があります。

未舗装にロープで明示する方法は安価な材料費で済みますが、アスファルト舗装やコンクリート舗装にするには、業者に依頼して施工をして貰う必要があるのです。また、駐車場側面の住宅用擁壁やフェンスに傷を付けないために、車止めのブロックを設置しなければならないこともあります。そして、ロープでできませんので、スペース毎の区画線を引かなくてはなりません。総工費は地域や施工面積によって異なりますから、施工する項目についてのみ記載します。不陸(整地)整正は、舗装面の状態を均一にするための予備的作業ですが、現況の状態によっては鋤取り作業が必要です。次に路盤材といって、地盤と舗装面の安定を図るために行うもので、厚さ10cmから15cm程度の砕石を敷き均します。そして、アスファルトかコンクリートで舗装するのですが、アスファルトは5cm程度、コンクリートは10cm程度の厚さが必要で、大型車両も対象にされるのなら、プラス5cmの厚さが必要です。

300㎡の場合は、高単価地域でも170万円程度でできますが、区画線や車止めを設置される場合は、その費用を加算する必要があります。